チャットレディをやっている女性に出会いを求める男性客

チャットレディにラインアドレスを聞いてくる男性の心理とは?

チャットレディを長くやっていると、男性ユーザーが直接の連絡先を聞いてきたりします。

キャリアアドレスを教えてほしいとか、SMSでいいからやりましょうとか、ラインの交換をしましょうとかです。

この記事では、チャットレディによくある、出会い目的のユーザーの対処法や断り方や返信してはいけないメール分などを紹介しているので、是非参考にして、あなたのこれからのチャットライフに役立ててください。

出会い系サイトと思ってライブチャットを使っている

チャットレディサイトには、女性とのチャットを楽しむことが目的ではない、出会い目的の男性がたくさんいます。

マッチング系のサイトではなく、ライブチャットという名前が付いているのにもかかわらず、女性との出会いができるものだと思っている男性が少なからずいるのです。

チャットサイトを男女の出会いの場だと思って本気で勘違いしている男性も中にはいます。

なので、チャットサイトのメールアドレスにライン交換してくださいとかメールを送ってきたりする男性もいますし、チャットが始まってすぐにライン交換してくださいとかいってくる男性も一定数います。

ですが、これには裏があって、男性客が勝手に勘違いしてチャットサイトを出会いの場だと思っているわけではなく、紹介サイトが悪かったりもします。

そのウェブサイトというのはアフィリエイトサイトと呼ばれるものですが、チャットサイトを男女のマッチングアプリかのような紹介をして小遣い稼ぎをしているサイトが多く見受けられます。

当然ですが、そういう宣伝されたサイトを目にした男性はこのサイトに登録すれば女性を入れ食いできるみたいに勘違いしてしまうのです。

上記のような流れがあるからこそ、そういう男性はチャットサイトに登録して、チャットレディにメールを送って、いきなり出会えませんか?などと聞いてしまうのです。

すべての出会い目的のお客さんがこういったサイト経由で入ってきている訳ではありませんが、ほとんどこういったウェブサイトが影響しているといえるでしょう。

マッチングサイトと間違えている男性がとる行動とは

ここからは私が実際に体験したエピソードを紹介していきたいと思います。

チャットレディをやったことがある人はうんざりするほど体験しているかもしれませんね。

初対面なのに彼女になってほしいと懇願される

彼女になってくださいとかいきなりいってくる男性客は結構います。

こういった男性は、チャットレディも彼氏がほしいと思っているみたいで、どういう男性が希望ですか?などとも聞いてくるのです。

チャットサイトに現れるこういった出会い目的の男性に巡り会ってしまったら、拒絶したりするのではなく、うまく趣味の話や日常会話に導いて、チャット時間を延ばして稼ぐのもOKだと思います!

ラインID教えてください!という男性客

チャットレディと出会えると本気で勘違いしている男性ユーザーが、一番送りがちなメールやチャットというのは、ライン交換してください、というものです。

ライブチャットサイトには、唐突にチャットレディに、ラインIDを添付したメールを送りつけてくる男性もいます。

ライン交換や直接アドレスなどを交換したがる男性というのは、あまりポイントを消費したがらないケチな男性が多いので、音声通話やテレビ電話をかけてまで連絡先を聞いてくるということはありません。

いきなり連絡先交換のお誘いをしておいて、こちらがだめだというと、そこから音信不通になったりするので、あまり気にしないようにしましょう。

音信不通になろうが、なんだろうが、こちらとしては報酬が発生してくれるチャットをしてくれなければ意味がないので、放っておきましょう!

チャットレディに、ライブチャットのメール送信機能をつかって、ポイントをわざわざつかって、お誘いのメールをしてくる男性はたくさんいます。

私がチャットレディをやっているときに、こういった男性ユーザーからの誘いのメールが来たときは、すぐに断っていますが、ベテランの頭のいいチャットレディは、あたかもあなたと付き合いたいという思わせぶりな態度をみせて、どんどんメールのやりとり回数を重ねていって稼いでいる人もいるくらいです。

男性のあそこを見せてくる客

自分の股間の大きさを誇りに思っている男性は多く、それさえ見せつければ女性が惚れてくれると思っている人も世の中にはいるのです。

いきなり勃起したペニス画像を添付して送りつけて、このマラであなたをいかせます!なんて文言を添えてきたりしますが、正直男性の股間なんて一切興味ないですよね…。

でかい男性器を見せつけさえすれば、女性が好きになってくれるかもしれないと本気で思っている男性がいるのも笑えますよねw。

チャットレディをやっている女性からしたら、男性の股間を見せつけられても、メールアドレスを教えたり、ラインを交換するわけありませんよね。チャットレディの腕のみせどころはここからどうやってチャット時間を延ばすかですね♪

会うことが前提の人

どういうセックスが好みですか?SMでいったらどっちですか?などと、あたかも会えるかのような質問をしてくる男性がいます。

とにかくリピートしてでも即席でも会いたがる男性というのはいるものですが、こういった男性をうまいこと転がしていってチャットレディとしてなんぼだと思います。

男性を上手に手のひらの上で転がしていけば、うまく稼いでいけますが、男性を転がすことが心理的に抵抗感がある女性もいると思いますから、それはひとそれぞれだと思います。苦手な人は稼げるからといってやる必要もないと思います。

ホテルを予約してくるお客さん

ポイントがないにもかかわらず、メールを頻繁に送ってきて、エッチな自撮りをした動画をアップしてくれという男性もいます。

動画をたとえ送ったとしても、さらにあれをしろこれをしろと要求が激しくなって、いっこうにチャットにログインしてくれたり、テレビ電話をかけてくれたりとお金を稼げずにこちら側がむしり取られるだけなので、最初から断っておくことが吉です。

アダルトな行為をチャットレディはしているのですから、当然それなりの報酬がもらえなければ意味がありませんよね。

いきなりエッチしてくださいといってくる

チャットサイトで、出会いを目的に使っている男性というのは、チャットをするとお金がかかることをしっているので、メールでなるべくことを済まそうとします。

チャットサイトでなぜ出会いが実現出来ると思っているのか甚だわかりませんが、もう完全にチャットサイトは女性と出会えるものだと勘違いしているので、なにをいっても聞きません。

有名どころのマッチングアプリなどはいくらでもあるのに、そっちへいけばいいのに、という論理は通用しません。なぜなら、チャットレディのサイトが出会いを提供しているものだと完全に勘違いしているからです。

チャットレディがやってはいけないこと

ここからは、男性客に対して送ってはいけないメールや、いってはいけないチャットなどをご紹介していきたいと思います。

気軽な気持ちでやってしまうと、危険な目にあうこともあるので、初心者でもベテランでもやめておきましょう。

会わないようにしましょう!

チャットレディがライブチャットというバーチャルな世界ではなく、物理的な世界で実際にあってしまったことがあるなどという話を見聞きしますが、なるべくやめておいた方がいいと思います。

チャットの世界では物理的に触れることはできないので、安全にお仕事出来ますが、実際の世界で男性客と会ってしまったら、何をされるかわかりませんよね。ましてやどういう素性の持ち主なのかもわかりませんし。

ライブチャットをしていると、いろいろな日常会話などや趣味の話などが弾んで、とても仲良くなってしまいやすいですが、実際に会うのはやめておいたほうがいいでしょう。

直アドは教えないように

ライン交換をして、そこでやりとりをするのは正直男性ユーザーの思うつぼだと思います。男性側からしたら報酬を払わなくてもいいですし、ただで女性とやりとりをできるので、女性側からしたらメリットはなにひとつありません。

男性ユーザーにしつこくせがまれて適当な連絡先を交換しても、恨みを買うだけですし、そもそもチャットサイトは個人的な連絡先の交換を禁止しているので規約違反になります。

無意味に伸ばしたりしない

直アド交換などの連絡先交換はもちろんしてはいけませんが、こうやってあたかも会えるかのように引き延ばすのもやめておいた方がいいでしょう。

こういったテクニックを使えば、できる限りリピートしてくれて、たくさん稼げるかもしれませんが、会えないとわかった男性の気持ちを考えると後味が悪くなるといえるでしょう。

最近では、コロナの真っ最中なので、自粛ムードが漂っていて、うかつに会うことができないことをいいことに、会いたいけどコロナだから会えないといって、うまいこと引き延ばしているチャットレデイもたくさん見受けられます。

ですが、最初から会う気もないのに、こういったテクニックを使うというのは、男性心理をもてあそんでいるに他ならないので、人間としてどうかと思います。

男性も女性との会話を楽しみにして報酬を払っている訳なのですから、チャットレディの優位性を使って、男性の下心をもてあそぶのはよろしいとはいえないでしょう。

直アドなどを聞いてくるお客さんへの対処法

ライブチャットをやっていて、ラインのIDなどを聞いてこようとする男性客はどうやって断ったらいいのか解説していきたいと思います。

以下に私が毎日使っているテクニックを紹介しているので、是非参考にしてみてください。

スタッフから注意喚起されているといういいわけ

出会いの場でもないチャトレサイトの女性に連絡先を聞いてくる不届き者の男性には、チャットレディ営業所のスタッフに怒られるといっておけばOKです!

チャットレディに誘いのメールを送ってくる男性ユーザーはもともとお金をかけずにケチって出会いたいタイプなので、ポイントのかかるメールは、一回断られるとあまり送ってこなくなります。

ライブチャットの規約違反と伝える

直接的なスマホのアドレスやラインのIDなどは、ライブチャットの規約違反であり、禁止事項です。ライブチャットサイトによってはばれたら退会させられるところもあります。

チャットサイトや代理店などの第三者のせいにする

以上のテクニックというのは、誰かに言われて断っているかのようなテイを出すことができます。

チャットレディの女性自身が自分の意思で断っているということをアピールすることができれば、すんなり引き下がってくれますし、チャトレへの避難も避けることができるのでメリットがたくさんあります。

アドレスやラインは教えないようにしましょう!

チャットレディに直接の連絡先を聞いてくる男性はライブチャットサイトにはたくさんいますが、決して教えてはいけません。

チャットレディをやっている女性も、はじめてテレビ電話なりメールなりチャットなりをしてくる男性には教えないかもしれませんが、なんどもリピートしてくれているリピーターには教えてしまう可能性もありますよね。

ですが、ライブチャット外で男性客といくらメールや電話をして交流を持ったとしても、一線ももらえることはないので、時間がもったいないと思います。

現役のチャットレディの体験談で、男性客と会ってきたというブログなどを書いている人がいますが、実際の世界で男性客と会うのは危険なことだといえるでしょう。すべての人が善良とは限りません。

ライブチャットをやっている男性というのは、アダルト傾向が強い人が多いわけですから、チャットレディにどんな意図をもっているかわかりません。

直接男性ユーザーと対面したとして、そのあとは家までつけられてストーカーになってしまう可能性もあります。

そもそもはチャトレという仕事は、その形態的にもプライバシーやプライベートが完全に守られた状態で仕事ができるのが魅力で働いている女性も多くいます。

他には、一人のそういった軽率な行為をする女性がいることにより、まじめにお仕事している他のチャットレディにも迷惑がかかることになります。

なぜ他のチャットレディに迷惑がおよぶかというと、誰かひとりがアドレスなどを教えると、他の子も教えてくれるもんだと思い違いをしてしまう男性ができあがってしまうからなんです。

ひとりのチャットレディが安易に連絡先を交換して会ったりしてしまうと、全体的にも働きにくくなってしまう悪循環に陥ってしまいます。

これからチャットレディをやる人も、もうすでにやっているひとも、これだけ安心して楽に稼げる環境もそうそうないので、流れに乗って大きく稼いじゃいましょう♪

しつこく聞いてくる男性客は強制退室を使う

連絡先を何度もしつこく聞いてくる男性はブロック機能を使いましょう!

チャットレディにポイントを消化して稼がせてくれるならわかりますが、連絡先をきいて、自分はポイントを消費しないでおこうなんて虫のいいことを考えている男性客は無視して奥に限ります。

チャットレディの女性が男性客にラインIDなどを教えてしまうと、しめしめと思った男性客は、チャットでポイントを使わないでいいわけですから、ただであなたとやりとりをしようとするのは当然の理にかなったことです。

チャトレのメールアドレスを手に入れた男性からしたら、ただで連絡をとりあえるので、メリットばかりですが、チャットレディをやっている女性がわからしたら、メールを何回やったとしても稼げるわけではないので、デメリットしかないです。

ライブチャットを経由しないで、いくら男性客とやりとりを重ねたとしても、誰かが報酬を支払ってくれるわけではないので、時間の無駄になってしまいます。

女性が連絡先の交換をするのはもちろんさんざんこれまでも述べてきたとおり、どんな男性がどんな意図を持って近寄ってくるかわからないので、危険な行為ですが、それと同等にその男性とやりとりをした分の時給がなくなってしまうという時間のもったいなさにも気づくべきです。

そもそも、ライブチャットにいる男性ユーザーというのはいくらでもいるので、しつこく連絡先をきいてくる男性をブロックすることに躊躇する必要もありません。

チャットレディに出会いを求めてライブチャットに登録して、いろいろなチャットレディに連絡先を聞いている男性客を相手にしている理由なんてそもそもないんです!自分のことを気に入ってくれて、何時間でもチャットしてくれるようなお客さんとの時間を大切にすべきなのです!